緑の地球ネットワーク
  1. サイトマップ
  2. お問い合わせ
  3. 個人情報保護方針

緑の地球環境センター

 広い大同市全域に散在する協力プロジェクトを統括する拠点が必要だとして建設された「環境林センター」(大同市南郊区、1995-2010)が、大同市により口泉植物園建設のため収用され、代替として立ち上げたのが「緑の地球環境センター」です。
 さらに、工業団地になるため閉鎖が決まった「白登苗圃」、実験果樹園「かけはしの森」の苗木や果樹も移植されました。有用植物見本園も備えています。
 2017年からは大同市総工会により職業訓練学校として利用されることになりました。

 

photoマツの苗畑
photoマツの育苗実験。幾通りかの条件でマツを植え、成長に差がでるかどうか調べる
photo成長したマツ苗を少し広いところに植えかえるツアー参加者
photoかけはしの森から移植したアンズも無事活着、花を咲かせた