緑の地球ネットワーク
  1. サイトマップ
  2. お問い合わせ

緑の地球ネットワークの取り組み

 大同でのGENの取り組みは、大きく2つに分けられます。村の緑化に協力する緑化プロジェクトと、それを支えるGEN独自の緑化協力拠点の建設・運営です。前者は山地・丘陵地にマツなどでグリーンベルトを作って水土流失を防ぐ地球環境林と、アンズなどの果樹を植えて利益の一部を村の教育改善に使ってもらう小学校付属果樹園があります。後者は苗畑や実験果樹園、見本園などを備えた緑の地球環境センター、山の一画を囲って放牧・柴刈りを禁止し、周辺から自生する木々の種を集めて育てている南天門自然植物園、実験林場・カササギの森があります。
 また、それらのプロジェクト地を訪ねて、村の人たちといっしょに木を植え、交流したり、これまでの造林成果を見たりするスタディツアーも派遣しています。

緑の地球環境センター

photo

緑の地球ネットワークの緑化協力の拠点です。

南天門自然植物園

photo

この地方の森林再生のモデルを目指しています。

カササギの森

photo

実験林場です。

地球環境林

photo

山地・丘陵地の緑化プロジェクトです。

小学校付属果樹園

photo

環境だけでなく経済や教育の改善をも目指したプロジェクトです。

スタディツアー

photo

お互いに顔の見える緑化協力を目指します。