緑の地球ネットワーク
  1. サイトマップ
  2. お問い合わせ

地球環境林

 黄土高原の沙漠化の一因は、夏に集中する雨が表土を流してしまうことです。荒れた山には保水力がないため、降った雨はそのまま地表を流れ、ふもとの畑の肥料をいれた土も流してしまうのです。水土流失と呼ばれるその現象をくい止めるためにも、山地・丘陵地の緑化が重要です。
 土壌や降水量、気温などの条件から、この地方で山地緑化に主に使われる樹種はマツ、トウヒなどの針葉樹です。GENでもマツを中心に、ヤナギハグミやムレスズメなどの灌木・草本を混植してきました。マツは将来材木として価値を持つことも期待されます。

 

采涼山プロジェクト

 

photoともに植えて20年近くになるマツ。立派な林に成長している
photoともに植えて20年近くになるマツ。立派な林に成長している