緑の地球ネットワーク
  1. サイトマップ
  2. お問い合わせ

大同とはどんなところか

 中国山西省大同市は北緯40度、東経113度のあたりにあり、面積は14,200平方km、人口はおよそ330万人です。山西省では省都太原につぐ第2の都市です。
 大同市のほぼ中央を桑干河が西から東に横切り、河北省にはいって官庁ダムに流れ込みます。官庁ダムは北京の水がめですが、近年は水量の減少により水質が悪化し、上水にはつかわれていません。
 大同盆地は桑干河の流域に広がり、ここが大同市の中心です。盆地の標高は1,000m前後です。
 大同は中国一の産炭地ですが、中国でもエネルギーの転換がすすみ、石炭産業はかつての勢いを失いました。石炭を利用して火力発電がおこなわれ、かなりの部分が北京などに送られています。

自然条件

photo

北緯40度、北京から西に300 kmの中国内陸部。どんな環境なのでしょう。

歴史

photo

文明の前には森林があり、文明の後には砂漠が残る。大同の歴史は?

生活

photo

連綿と続いてきた農民の生活はいま、転換期を迎えています。