緑の地球ネットワーク
  1. サイトマップ
  2. お問い合わせ

自然条件

地形

 大同盆地を除く大同市の北部は黄土丘陵です。山腹や丘陵の斜面には段々畑が切り開かれています。夏の雨によって刻まれたガリ=浸食谷が縦横に走ります。
 大同市の南部は、太行山脈とその支脈である恒山山脈とからなる山地と、黄土丘陵とが入り組んでいます。太行山脈にもほとんど樹木はなく、すでに土壌が失われて、岩盤の露出しているところが多くみられます。
 大同市全体でみれば、盆地、丘陵地、山地がそれぞれ3分の1くらいずつの割合です。
 水と土が集まる盆地には人口、経済、文化も集中し、政治の中心ともなっていきます。その逆に、山地・丘陵地は、土がやせ、飲み水にさえ困る状態で、たいへん貧しいのです。

 

気候

photoキビが膝丈で実った、この年もひどい旱魃だった

 大陸性の温帯モンスーン気候に属し、年平均気温は6.4℃ほどですが、年較差が大きく、いちばん寒い1月の月平均気温が-11.3℃(平均最低気温は-17.0℃)、いちばん暑い7月の月平均気温は21.8℃(平均最高気温は28.1℃)です。
 年間降水量は平均400mmほどですが、地域や年によって変動が激しく、少ない年は200mm前後、多い年は600mmほどになります。乾燥地、半乾燥地としては少なくない降水量ですが、降り方が問題です。植物の芽生える春に少なく、夏の一時期に集中する雨が深刻な水土流失をもたらし、砂漠化を加速します。
 無霜期は盆地で130〜140日、山地では90日ほどになります。遅霜の害が少なくありません。
 この地方の民謡に「山は近くにあるけれど、煮炊きに使う柴はなし。十の年を重ねれば、九年は日照りで一年は大水…」と歌われています。自然と生活の厳しさがみごとに表現されています。
 旱魃がひどい年には、農作物の収穫量が平年の8割減というときもありました。一方で、夏の集中豪雨による土石流災害で人命が失われることもあります。
 そのほかの自然災害として、春の暴風や砂嵐があり、ときには死者がでます。夏には集中豪雨のほか、雹や落雷があり、冬には凍害があります。  風は年間を通して強く、地元では「1年に1度風が吹く。春に吹きはじめて冬までつづく」と言い伝えています。

 

photo西からの風が黄砂をまきあげ、北京・天津へと運ぶ。上空の偏西風にのると、日本までやってくる

 黄土高原は、はるか西方の沙漠地帯から風で運ばれてきた黄土が降り積もってできたといわれています。大同は黄土高原の東北端。つまり、最も軽い、細かい砂が太行山脈にさえぎられて、数10mから100m以上の深さに積もった場所です。
 その細かさは、直径10ミクロン前後。日本への黄砂の飛来が騒がれますが、北米上空でも観測されるそうです。
 強いアルカリ性で、ミネラルはじめ肥料分に恵まれ、有機質と水を補えば、生産力の高い土です。その反面、粒子が小さく、通気性、通水性が悪くて、植物の生育に障害をおこすこともあります。
 通常は固く締まっていてスコップも立ちませんが、耕すとパウダー状になり、そこに水が入るとグリス状になって流されてしまいます。夏に集中する雨によって、作物ごと畑が流されることもめずらしくありません。

 

 もっとも深刻なのが水問題です。大同だけでなく、北京・天津地区がかかえる致命的な大問題です。降水量が少ない上に、過剰な汲み上げで地下水が涸れてきています。  隣村まで水を汲みに行く村のある家族は、一家6人が180リットルの水で1週間生活するそうです。1人1日4.3リットル。成人が1日に必要な水は3リットルだそうですから、人間が生存する限界に近い量です。
 最近では、水や耕地の条件が悪い山の上の村を放棄して、より条件のいい土地への移住がすすめられています。人口圧力がなくなれば、山の上の緑が取り戻されるのは皮肉なことですが、環境のためにはいいことだといえるでしょう。