緑の地球ネットワーク
  1. サイトマップ
  2. お問い合わせ

あゆみ

 緑の文字をクリックすると、詳しい説明(PDF)が別ウインドウで開きます。

 

できごと / 受賞歴
1992年 1月 緑の地球ネットワーク準備会(任意団体)が発足
山西省大同市(当時雁北地区)渾源県で緑化協力開始。マツの苗木代を提供
1993年 4月 緑の地球ネットワーク(任意団体)が正式発足
1994年 4月 小学校付属果樹園プロジェクト開始
7月 緑色地球網絡大同事務所開設
8月 第1回専門家調査団派遣
12月 ビデオ『黄土高原に緑を!』制作
1995年 1月 阪神淡路大震災。救援活動に取組む
4月 環境林センター建設開始
大同で大水害。24万人が被災
10〜11月 大同から訪日団を迎える。神戸、大阪で活動
1996年 5月 GEN関東ブランチスタート
6月 ホームページ開設
10月 絵はがき『中国・黄土高原の四季』(写真:橋本紘二)発行
1997年 4月 菌根菌をつかったマツの育苗実験開始。98年春の実用化につなげる
9月 ビデオ『森よ、よみがえれ!』制作
1998年 1月 河北省張家口市で地震。支援金をおくる
3月 ブックレット『黄砂の村をゆく』(上田信著)発行
10月 大同から訪日団を迎える。関西、東京で活動
霊丘自然植物園用地決定、建設へ
1999年 3月 霊丘自然植物園育苗等開始
6月 特定非営利活動法人になる
10月 黄土高原緑化支援コンサート“黄河の響き”開催
10〜11月 大同から訪日研修団を迎える。関西各地で研修
11月 大同県と陽高県の県境地域で“大陽地震”発生。支援金をおくる
2000年 3月 環境林センターを20haに拡大
橋本紘二写真集『中国黄土高原〜砂漠化する大地と人びと』刊行
一連の写真展開始(京都、大阪、東京、名古屋)
12月 カササギの森募金開始
2001年 3月 カササギの森本格植栽開始
9月 ★国家友誼奨(中国政府)
2002年 3月 ビデオ『よみがえる森』制作
4月 ★“母なる河を守る行動国際合作奨”(中華全国青年連合会)
6月 ★おおさか環境賞・大賞(豊かな環境づくり大阪府民会議)
9月 ★環境緑化奨(大同市人民政府)
10〜11月 大同から訪日団を迎える。関西、北海道、東京で活動
2003年 3月 カウンターパートの交替
4月 ★明日への環境賞(朝日新聞社)
5月 環境林センターで土壌浄化による汚水処理施設稼働開始(その後原水の不足のため運転休止、センター閉鎖)
『ぼくらの村にアンズが実った』(高見邦雄著・日本経済新聞社)刊行
2004年 7月 大同県、陽高県で水害。カササギの森が被害にあう
11月 会報『緑の地球』100号
2005年 3月 白登苗圃で育苗開始
6月 認定特定非営利活動法人になる
9月 ★毎日国際交流賞(毎日新聞社)
2006年 15周年記念黄土高原写真コンクール開催
8月 ★大同市栄誉市民(大同市人民政府)
9月 15周年記念・加藤登紀子ランチタイムコンサート開催
2007年 3月 かけはしの森で植栽開始
みみずく基金開始
10月 大同から訪日団を迎える。関西・東京で活動
2008年 3月 霊丘南天門自然植物園で植生調査開始
5月 四川大地震発生。会員の希望により義援金を募る
6月 中華全国総工会に義援金を届ける
2010年 4月 環境林センター閉鎖
2011年 緑の地球環境センター始動
2012年 1月 20周年記念シンポジウムを東京で開催
かけはしの森・白登苗圃完全閉鎖
4月 ★緑色中国年度焦点人物国際貢献賞(中国緑化基金会 etc.)
9月 ★外務大臣表彰受賞
11月 20周年記念シンポジウムを大阪で開催
2013年 2月 20周年記念ビデオ『黄色い大地に広がる緑』、同中国語版『黄土地上的緑色詩篇』制作
11月 報告書『中国黄土高原における草の根環境協力22年のあゆみ』制作
2014年 10月 ★国際協力機構(JICA)理事長表彰
2015年 9月 第1回東北の海岸林再生ツアー実施
2016年 4月 ★中国緑化交流表彰(駐日中国大使館)
8月 ★中日友好使者(中国日本友好協会)
10月  

※★は受賞歴(GEN/高見邦雄事務局長)