緑の地球ネットワーク
  1. サイトマップ
  2. お問い合わせ

大同での緑化協力

 緑の地球ネットワークが緑化協力をしている大同は、黄土高原の東北端にあります。北京にせまる砂漠化の最前線です。1994年に採択された沙漠化対処条約では、「砂漠化とは、乾燥地域、半乾燥地域及び乾燥半湿潤地域における種々の要素(気候の変動及び人間活動を含む)に起因する土地の劣化をいう」と定義されています。サハラ砂漠やゴビ砂漠のような砂漠は極乾燥地で、砂漠化地域ではありません。
 緑化が必要とされているのは砂漠化地域で、黄土高原はその典型といえます。

大同とはどんなところか

photo

緑の地球ネットワークが緑化協力をおこなっている中国大同とはどんなところでしょう。

緑の地球ネットワークの取り組み

photo

緑の地球ネットワークは大同でどんな協力をおこなっているのでしょう。

 

map