緑の地球ネットワーク
  1. サイトマップ
  2. お問い合わせ

スタディツアー

 お金を送るだけではない、顔の見える協力関係を築こう。そのために、ワーキングツアーの派遣を続けてきました。これまでに日本からのべ3500人ほどが大同を訪れています。
 村の人たちといっしょに汗を流して木を植えたり、農家で昼食をごちそうになったり、子どもたちと遊んだり。GENの協力拠点を訪ねて、これまでの緑化協力について学んだり、実際に以前に植えた造林地を訪ねてその成果を確かめたり。1600年前の人たちが築いた壮大な世界遺産を見学したり。旅をともにする人たちと語り合ったり。
 比較的ゆったりした自由度の高いツアーです。自分の目でみて、耳で聞き、手で触れて、味わって、そして心を触れ合って。自分の生身の身体でしか体験できないことがたくさんあります。

 

photo村人も総出でマツを植える
photoツアー参加者が男の子と水を運ぶ。何を話しているのかな?
photo村の農家で昼食をごちそうになる
photo真剣な顔で綱引き
photo小学校で子どもたちと交流