参加する

このページでは、緑の地球ネットワークおよび緑の地球ネットワーク関東ブランチが主催、もしくは関係するイベントをご紹介しています。
検索エンジン等から直接このページにこられた方は、必ず最新情報に更新してからご覧ください。
参加申込はイベントコーナー下部のイベント申込フォームからお願いいたします。
関東ブランチのイベントの場合は関東ブランチお問い合わせフォームからお願いいたします。

イベント

GENなんでも勉強会オンライン : 第32回 森づくりってなんだ?~スイスの森林管理から学ぶ

スイスなどの中欧諸国では、度重なる自然災害や生物多様性の劣化、木材価格の低迷などを契機に、さまざまな樹種・樹齢が混在する自然に近い森づくりがおこなわれています。第32回目のGENなんでも勉強会オンラインでは、環境と林業経営の両立を目指す森林経営の考え方、「近自然森づくり」を日本で実践しておられる佐藤浩行さんといっしょに、森づくりについて考えます。
講師からのメッセージ
森づくりとはなにか? と聞かれて、あなたはどう答えるでしょうか。木を植えること? 手入れをすること? …間違いではありませんが、それだけではありません。あるヨーロッパの山岳国の破壊と再生の歴史を参考にしながら、森づくりとはなにかを改めて考えてみる、そんな回にしたいです。「これをすればうまくいくよ」という魔法の杖は示せませんが、「こういう考え方もあるよ」というお話が、皆様の樹木や森への興味を深められればと思います。

日時 2024年5月23日(木)19時~20時30分ごろ
手段 ウェブ会議システムZoom
講師 佐藤浩行さん(特定非営利活動法人 近自然森づくり協会 理事)
講師プロフィール 本業は企業の持つ山林(社有林)の管理経営。2010年にスイスの現役フォレスター、ロルフ・シュトリッカー氏と出会い、彼らの進める「近自然森づくり」の考え方に傾倒。以降自身のフィールドでその応用を目指す傍ら、森林行政のコンサルタントや普及活動を行っている。2012年からはラオス国立大学森林学部、リース林業教育センター(スイス)と提携するなど、国際的な人材交流を実践してきた。専門は森林防災工学。奈良県フォレスターアカデミー講師。
参加費 無料
定員 100名
オンライン講演会参加の流れ ・Zoomアプリをインストールする(※注意:必ずzoom.usのサイトからダウンロードしてください。検索サイトで「zoom ダウンロード」で検索すると上位に出てきます)
・招待メールを受け取る
・当日招待メールに記載されているURLにアクセス、もしくはミーティングIDとパスワードを入力して参加する
参加申込 Peatix から(2024年5月22日(水)締切)
申込フォーム から(2024年5月21日(火)締切)
GEN事務所に メール で申込む(2024年5月21日(火)締切)

GEN第30回総会記念講演 : グローバル・ヒストリーのなかの黄土高原 大同・蔚県・五台山から世界を眺める

緑の地球ネットワーク第30回総会に先立ち、記念講演をおこないます。今回の講師はGEN世話人で淑徳大学文学部歴史学科教授の村松弘一さんです。
緑の地球ネットワークが黄土高原で緑化活動をはじめて32年がたちました。その黄土高原が世界の歴史を変えた舞台であったと聞いたら、驚かれる方も多いかもしれません。今回の記念講演では、グローバル・ヒストリー(全地球史)のなかで黄土高原が果たした役割について、GENの緑化協力地の大同と蔚県、そして五台山に注目します。大同では漢の劉邦が遊牧民の匈奴に敗れた白登山、日本の平城京の都市プランにも影響を与えた北魏の都の平城(現在の大同)、蔚県では戦国時代の代の馬、宋代の燕雲十六州をとりあげます。また、大同の南に位置する仏教の聖地、五台山は多くの巡礼者が訪れ、日本人の僧、円仁も詳細な巡礼日記を残しています。
黄土高原に生きた人びとがつくりあげた文明・文化は世界をどう変えたのか、そして気候変動は黄土高原をどう変えたのか、大胆に考えてみます。それは緑の地球ネットワークが黄土高原で活動する意義にも関わることとなるに違いありません。
村松弘一さんの2023年9月開催GENなんでも勉強会でのお話「気候変動が中国古代文明の歴史を変えた~それは黄土高原から始まった」も大変好評でした。YouTubeで講演を公開していますのでぜひご覧ください。
Youtubeを観る youtube

日時 2024年6月15日(土) 13時30分~15時ごろ
手段 会場またはウェブ会議システムZoom
会場 大阪府立男女参画・青少年センター(ドーンセンター)大会議室1
会場までのアクセス 京阪、大阪メトロ「天満橋」駅から東へ約350m
講師 村松弘一さん(淑徳大学人文学部歴史学科 教授)
講師プロフィール 緑の地球ネットワーク(GEN)世話人。1971年、東京都日本橋浜町生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。博士(史学)。学習院大学教授を経て、現在、淑徳大学人文学部歴史学科教授。専門は中国古代史・環境史。朝日カルチャーセンター等で200回以上の市民講座を担当。著書に『中国古代環境史の研究』(単著)、『馬が語る古代東アジア世界史』(共編著)、『古写真・絵葉書で旅する東アジア150年』(共編著)、『家畜の考古学』(共著)などがある。
参加費 会場参加:500円(GEN会員は無料) / オンライン参加:無料
定員 会場参加:50名 / オンライン参加:100名
オンライン講演会参加の流れ ・Zoomアプリをインストールする(※注意:必ずzoom.usのサイトからダウンロードしてください。検索サイトで「zoom ダウンロード」で検索すると上位に出てきます)
・招待メールを受け取る
・当日招待メールに記載されているURLにアクセス、もしくはミーティングIDとパスワードを入力して参加する
参加申込 Peatix から(2024年6月14日(金)締切) ※オンライン参加のみ
申込フォーム から(2024年6月11日(火)締切) ※質問等に会場参加かオンライン参加かを明記してください。
GEN事務所に メール で申込む(2024年6月11日(火)締切)

GEN関東ブランチ

現在ご案内できるイベントはありません。

緑の地球ネットワーク イベント記録

緑の地球ネットワークのイベントの記録です。

過去のイベントを1年度分ずつまとめて掲載しています。

ボランティア

GENでは次のボランティアを募集しています。

事務局ボランティア

会報発送、単純作業など、GEN事務所でおこなっていただくボランティアです。
事務所に入れる人数が限られているため、大人数を受け入れることはできません。必ず事前にご連絡ください。
条件:交通費実費支給(上限往復1,500円)。弁当持参可、近所にコンビニ・飲食店あり。

会報発送
日時 奇数月15日前後(10時~14時ごろ)
作業内容 会報の三つ折り、封筒詰め、のり付けなど
参加申込

当該月12日までにGEN事務所までご連絡ください。

申込フォーム
その他作業
日時 毎月第1水曜日10時~17時ごろの間で3時間以上(現在コロナ禍のため受入なし)
作業内容 領収証のはんこ押し、使用済みはがきの交換、古切手の整理・発送など
参加申込

2日前までにご連絡ください。GEN事務所からの返事をご確認の上ご参加ください。

申込フォーム

オンラインボランティア

SNSの投稿、講演録音の文字起こしや、ツアー日誌の入力などご自宅でおこなっていただけるボランティアです。

クリエイティブボランティア

サイト、パンフレット等作成時のデザイン・イラストなど、ご協力いただける方を随時募集しています。

1dayボランティア

自然と親しむ会やイベント出展などに参加し、写真撮影、SNSの投稿、運営サポートを行う短期のボランティアです。活動内容は事前にご説明しますので、初めての方もぜひご参加ください。

インターンシップ

GENでは大学生、大学院生のインターンシップを募集しています。

環境をテーマにNGOで社会人スキルを身につけるインターンシップに参加しませんか?
緑の地球ネットワークは国境を越えた草の根環境協力に取り組んでいるNPO法人です。わたしたちといっしょに環境について学び、考え、活動するインターン生を募集しています。学校での学びとは違ったNGOでの活動に内側から参加したい学生の方はぜひご応募ください。
長年にわたりGENはインターンシップを受け入れてきました。インターン生は、GENについて学んだうえで、課題を設定します。その解決のために自分ができることを考え、これまでにGENの紹介動画の作成、SNSの発信、会員へのインタビュー、イベント出展など精力的に取り組んで自分なりの結果を残してきました。
課題解決のため、あなたが「やりたい!」と思ったことをGENのメンバーと一緒に取り組んでみませんか?

過去のインターン生がどんな活動をしてきたか、インタビューをご覧ください。

インターンシップの写真

こんな人におすすめ

インターンシップを通して得られるもの

応募条件

概要

待遇

応募方法

少しでも興味を持ったら遠慮なくGENまでご連絡ください。活動内容についてご説明します。

インターンシップに応募される方は以下のエントリーシートにご記入のうえ、お申込みください。

後日GENより面談のご連絡をします。

 
pagetop